• ・ガスライター

    一般的に多く使われている構造。
    柔らかい炎の出るタイプで耐風性能はほとんどない。
    フリント(発火石)を使うタイプと電子式(圧電素子)のタイプがある。
  • ・ターボライター

    フリント(発火石式)はなく、電子式(圧電素子)と一部に電気式(電池を使用)が存在する。
    触媒を使い、整流したガスに着火するため耐風性能が高く、アウトドア系のライターに多い。
    高温の炎を出すため、昼間は炎の視認性が低いが触媒が光る為、着火の確認は容易い。
  • ・バーナー式ライター

    ガスコンロのような複数の穴が円状に並んだ部分から、整流化したガスを流し着火する。
    耐風性能が高く、青い炎が特徴。近年はターボライターよりもバーナー式が多い。
    火力も強く、シガー等の着火にも用いられることが多い。
  • ・充電式ライター(ニクロム線)

    リチウムイオンバッテリーを搭載し、ニクロム線に電気を流し着火するライター。
    炎は出ないのでニクロム線にたばこを充てる必要があり
    また、ニクロム線が切れると着火できなくなる。
    ガス、オイルを使わないエコなライターとして増えて来ている。
  • ・充電式ライター(放電)

    アーク放電によって着火するライター、風や気温の影響は受けないが水ぬれには注意が必要。
  • ・ガスの補充

    必ずライターを下に、ガスボンベを真上から垂直に挿し充填する。
    圧力の関係により、ライターが冷えておりガスボンベの温度が上回っていると充填しやすい。
    ブランドによって注入口の計上が違う事もあるため、純正ガスの仕様を推奨。
  • ・圧電素子

    スイッチにより力を加えると放電する受動素子。
    一般的なライターに使われる、フリントを使わないタイプはほぼこちらの機構。
  • ・フリント

    発火石の事、メーカーごとにサイズ・硬さが変わる。
  • ・フリントスプリング

    フリント(発火石)をヤスリに抑えつけるためのスプリング。
  • ・ガス

    ライターの燃料、注入口の種類があり、国内の物はほぼ共通だが
    海外のものは互換性のない専用のガスもある。
    主にブタンなどの可燃性ガスが使われる、圧力の違いや
    不純物の取り除き方で着火に影響を及ぼすため、出来る限り
    純正ガスの使用を推奨。
    登山用等ではプロパンが混ざっているタイプも。
  • ・種類

    フリントガスライター 石(フリント)とガスが消耗品
    電子ガスライター ガスのみが消耗品
    充電式ライター 一部はニクロム線が交換可能で消耗品扱い。
    プラズマ(放電式)ライター 充電式で消耗品は特になし。
    オイルライター 石(フリント)とオイルが消耗品

前のページへ戻る