2022年05月11日 10:09

おすすめ手巻きたばこ用ペーパー3選【2022年5月版】

今回はペーパーについてのコラム。
手巻きたばこにこだわりはじめ、好きなシャグの銘柄が決まった後
次に出てくると思われる沼がこちらになります。いらっしゃいませ、ペーパー沼へ…。

ペーパーと一口に言いましても素材やらサイズやら燃焼剤が云々とか…。
キリがないので今回はレギュラーサイズに絞って3つ程ご紹介していきたいと思います。
ペーパーによって味が変わる(微々たるものですが)ということもありますので
ぜひとも自分にあうペーパーを見つけてくださいませ。

では以下目次

  1. ペーパーのサイズいろいろ。
  2. ローラーを使う場合はサイズにあったものを。
  3. ペーパーの素材について。
  4. 素材以外のあれこれ。
  5. おすすめペーパー3選
  6. 最後に

1.ペーパーのサイズいろいろ。

シャグを買うと付属しているペーパーの多くは「レギュラーサイズ」になります。
これで巻くと69ミリのたばこが出来上がります。(一部シャグには例外あり)
他では78ミリの「 1・1/4サイズ」に 98ミリが作れる「キングサイズ」
109ミリが作れる「キングスリムサイズ」 などなど。

30cmのペーパーもありますがあれは…うん、今回はスルーします。

サイズについては長さが違うだけなので「1本で吸いたい時間」を考えて決めれば
いいと思います。レギュラーサイズでちょっと短いな?とおもったら
段階的に長くしていく等、好みに合わせて調整してみてください。

2.ローラーを使う場合はサイズにあったものを。

ローラーを使う場合は、使いたいペーパーの長さに合わせたものをつかいましょう。
79mmのローラーで69mmのたばこも巻けなくはないですが…やはり使い辛いものです。
また、ローラーによってはフィルターサイズに合わせてたばこの直径を変更できる
アジャスタブル(可変)ローラーというものもございます、世の中便利な物があるもんです。

ローラー一覧はこちら→手巻きたばこ用ローラー

3.ペーパーの素材について。

素材についても様々です。
パルプ・ヘンプ(麻)・セルロースなどなど。

パルプは一般的なたばこにも使われていて、クセというかいわゆる「紙の味」があります。
燃焼剤の有無や厚みによっては、ほぼクセのないペーパーもあります。
ヘンプ(麻)はパルプより紙臭さが少ないイメージがありますが
ほんの少し素材の味というか酸味?っぽいのがあるイメージ。
こちらも漂白の有無や厚みでずいぶん変わってきますが…。

※個人の感想含む

セルロースについては紙というかフィルム、透明のフィルムです。
シャグの味もダイレクトに感じられるいい物なのですが
単価は高めで少しの水分で引っ付いてしまうなど、やや扱い辛い印象がありますねぇ…
見た目は非常に怪しくなりますので外で使うには勇気がいります。(個人差あります。)

4.素材以外のあれこれ、燃焼剤とか漂白とか。

フリーバーニング、ミディアムバーニングは紙に燃焼剤があるもの。
一般的なシガレットのように火が消えにくいものと考えて頂ければ。
スローバーニングは燃焼剤が入っていないので、自然に火が消えてしまう事も…
とはいっても吸う間隔や吸い込みの強さでどうとでもなりますので
慣れの問題だと思っています。
燃焼剤が含まれていないほうが余計な雑味や薬品臭は減ると思っていただければ。

また、漂白はしている物は白い、してないものは茶色っぽいとざっくりでいいかと。
吸い比べてみても漂白・無漂白よりも
ペーパーの厚みと素材のほうが味に関係していると感じます。
あとはメーカーによる(使う薬品など)と言ったほうがいいかもしれません。

5.おすすめペーパー3選

1.OCB アルティメイト \140

燃焼速度: スローバーニング
主原料: パルプ
長さ: 69mm
幅: 36mm
枚数: 50枚

OCBの技術を駆使した「最も薄く、最も軽く、最も透明なOCBのペーパー」とのこと。
紙の原料工場はフランスとスイスの国境近くに建てられ
ミネラルウォーター「エビアン」の採水地と同じ街で作られているそうです。
技術力に物を言わせて作り上げた極薄ペーパーはパルプ原料なのにとても薄く透けており
「とりあえずこれ使っとけば問題ない」と言えるペーパーに仕上がっておりますよ。

商品はこちら→OCB アルティメイト

2.OCB オーガニック シングル \110

燃焼速度: スローバーニング
主原料: ヘンプ
長さ: 69mm 幅: 36mm
枚数: 50枚

素材は契約農家にて3年以上完全無農薬土壌で栽培されたオーガニックの麻。
パッケージはリサイクルされた素材で、染料は使用しておらず無漂白。
糊にも天然素材のアカシアガムを使っています。
アルティメイトと比べればほんのわずかに紙というより麻の風味?がある気がします。
かといってほとんど気にならず、雑味も少ないコスパの良いペーパー。

商品はこちら→オーガニック シングル

3.Smoking ブラウン シングル \110

燃焼速度:スローバーニング
主原料:パルプ
長さ:70mm
幅:37mm
枚数:60枚

無漂白で無塩素、着色料やその他の添加物を含まないペーパー。
こちらは10枚多い60枚で\110とちょっぴりお得ですが
質が劣っているでもなく、普通にシャグの味がしっかり味わえてしまいます。
無漂白の影響か原料の風味が混じるような酸味?っぽいのが微かに増えるような…
といった具合でほとんど気になりません。
むしろこちらの方が好みという方もいらっしゃるかと思います。

商品はこちら→スモーキング ブラウン シングル

6.最後に

今回はシャグの風味の邪魔をできるだけしない物を選んで書いてみました。
シャグに付属のペーパーは大体フリーバーニングで燃焼剤入っているので
今回紹介したペーパーに変えるだけで味の比較ができるのではないでしょうか。

まだまだ紹介しきれないメーカーや種類、味付きのペーパーなども存在します。
また、紙質によって巻きやすかったり吸い心地が変わったり…。
言い出すときりがないので今回はこのへんで。

それではまた次回に。

ブリケ運営事務局
筆者 :
ブリケ運営事務局
#タグ
#ペーパー