2022年05月10日 16:41

ZIPPOレザーシリーズ、人気のブランドや革の種類いろいろ

#zippo

ライターの世界 全て

ブリケ運営事務局 ブリケ運営事務局

ZIPPOのレザー(革巻き)シリーズ、ギフトでも人気で多くの種類があります。
基本的には職人が一つ一つ丁寧に縫い合わせて仕上げたもの。
また、革の風合(細かいシワや革の模様)が同じ型番でもそれぞれ違う事から
唯一無二の物として長く使っている方も多いです。
そんなレザーのZIPPOを今回はご紹介していきますね。

目次

  1. そもそもZIPPOとは?
  2. レザー(革)の種類と加工
  3. おすすめのレザー(革)のZIPPO
  4. レザー(革)のZIPPOのメリット

そもそもZIPPOとは?

ZIPPOとはジッポー・マニュファクチャリング・カンパニーが製造する金属製のライター。
1932年創業、1933年の第1号発売以来基本的な構造はそのまま(細かい変更点は存在)に
現在も作り続けられる人気のライターで
外側のケースには様々なデザインが施され、各国にコレクターが存在します。
構造はシンプルで、オイル(燃料)とフリント(発火石)を切らさなければ
基本的にはどこでも使う事が可能です。
シンプル故の高い耐久性を持ち、耐風性もあるのが特徴です。
また、機能に関しての永久保証を行っており
“ライターの機能的な故障に対して、その状態、使用年数を問わず、これを無料で修理する”
というのも人気の特徴です。

※ただし、ライター表面のキズ、へこみ、変色、メッキ不良、革のはがれ・破れ、摩耗、飾りメタルの取り付け、黒ずみの拭き取り、および他社製ライターは修理できません。

レザー(革)の種類と加工

レザーのZIPPOには革の種類も色々と存在します。
牛革・馬革・象革なんていうのもあります。
また革の部位によって固いコードバン(馬のお尻部分)や
ベジタブルタンニン(植物性タンニン)で鞣したヌメ革など。
レザー(革)自体のメンテナンスを考えると、特殊な革よりも牛革の物がおすすめ。
革のお手入れ情報も多いですからね。

おすすめのレザー(革)のZIPPO

プレゼントにも自分用にも、おすすめのレザーZIPPOをご紹介。

OROBIANCO ORZ-001

1996年、イタリアで創設されたバッグ発祥のファクトリーブランド、オロビアンコ。
オロビアンコのロゴを型押しした牛革を使用、ユニセックスのZIPPOです。
ビジネスからカジュアルまで幅広く使えるデザイン。
ZIPPOとブランドのコラボ商品は多くありますが
ブランド+レザーのZIPPOは少ないです。
全4色の展開。

オロビアンコのレザーZIPPOはこちら→OROBIANCO

ZIPPO 2CM-3BK クロスメタル

クロスメタルとレザーを合わせたZIPPO。
職人の手作業で張り付けた牛革とワンポイントメタルのハードなデザインは
シンプルなのに存在感のあるZIPPOに仕上がっています。
ブラックとヴィンテージレッドの2色展開。

クロスメタルのZIPPOはこちら→ZIPPO 2CM-3

ZIPPO  2YM ユリ

職人の技術によって丁寧にまかれた牛革に人気のユリモチーフを施したジッポライター。
革使いこむほど味わい深くなり、経年劣化を楽しめます。

ユリのZIPPOはこちら→ZIPPO  2YM

レザー(革)ZIPPOのメリット

メリットとして「単純にグリップが良く、落としにくい」点が上がりますが
やはり革のエイジング(経年変化)が最大のメリットではないでしょうか。
長く使用して革を育てる楽しみは、財布やバッグ、ブーツ等でもよく聞く話。
使うほどに手になじんでくるレザーは、その表情を徐々に変えていきます。
色やツヤ、滑らかさなどに変化が現れ、まさに唯一無二のZIPPOに。

長く使えるからこそ「成長を楽しめるモノ」を使ってほしい。
そう思うとやはりレザーのZIPPOをお勧めしたくなるのでした。

それではまた次回のコラムでー。

ブリケ運営事務局
筆者 :
ブリケ運営事務局
#タグ
#zippo