煙管本体 (8)

煙管喫煙文化は江戸時代に広く広まりました。>当時から装飾性の高い芸術品として価値の高いものから普段使い用まで、様々な煙管が作れていました。

西洋のパイプと同様に、煙管本体の形状や材質、吸い方によって味わいが変わるので、自分好みの味が出る煙管を探したり、気分によって使い分けるのも楽しみのひとつです。

▼ 煙管の吸い方動画

▼ 他のカテゴリーを探す


sdf
Smoking Site