2022年06月27日 17:49

喫味もしっかり、おすすめシャグのブランド「アークローヤル」のバニラクリームレビュー!

#シャグ

全て 手巻きタバコの世界

ブリケ運営事務局 ブリケ運営事務局


喫煙が趣味の人はおそらく知っているであろう「アークローヤル」
紙巻きたばこの「アークローヤル パラダイスティー」はそこそこ有名だと思うのですが
シャグもあるのはご存じでしょうか?

甘いたばこやフレーバーシガレット好きにおすすめのシャグ、アークローヤルシリーズから
今回はバニラクリームのレビューを。
他の4種類は簡易レビューを書いていきますね。

目次

  1. スペック、特徴
  2. バニラクリームのレビュー
  3. アークローヤル シャグシリーズ
  4. 最後に

1.スペック、特徴


MONTEPAZ、1880年からたばこ事業を行う老舗のたばこ。
生産はウルグアイで内容量は30g \840
グラム単価は\28 (2022年6月現在)


付属ペーパーはLIBELA(リベラ)のスローバーニングが付属。
漂白済みの薄いペーパーで雑味少なく、たばこをじっくり味わえます、これはうれしい付属品。

ペーパーのスローバーニングについてはこちらを→ペーパーについて

「アークロイヤル」と言えばイギリス海軍の航空母艦が同じ名前だなぁと思ったら
由来はこの航空母艦の名前からだそうですよ。

2.バニラクリームのレビュー

パッケージを開ける前から香る甘い香りですが、そこまで甘ったるくない印象。
開封してみると甘いバニラの香りと酸味、くどいほどの強さではありません。

湿度もそこそこありますが、甘味が好きな方はもう少し加湿してもいいかもしれません。


ローラーを使ってフィルターあり・なしで2本巻いてみました。
吸ってみた感想は以下。


・フィルターあり
バニラの香りはふんわりと感じる程度、6mgの紙巻を吸っているイメージ。
副流煙の香りはそこそこ強く甘い香りです。

バニラの甘さを強く感じたい!という人にはチョイスやコルツなど、別銘柄をおすすめ。しかしこの“ほんのりバニラ”がバランスよくて好きな味ですね。

・フィルターなし
バニラ感が“フィルターあり”よりも少しはっきりします。
それでも無茶苦茶に甘いわけではありません。
主張が少ないスッキリしたバニラで吸いやすい部類です。
フィルター無しだと辛味と酸味も増すので8~12mgのシガレットをイメージして頂ければ。

3.アークローヤル シャグシリーズ


他にあと4種のフレーバーがありますので簡易レビュー。
フレーバー名で記載していきます。

1.ピニャコラータ

カクテルのフレーバー、ラムをベースにパイナップルジュースとココナッツミルクを使う
甘めのカクテルが元になっています。
吸ってみた感想はココナッツがメインのイメージでパイナップル感はほんの少し。
(たばこ葉自体の酸味?かも)
煙もココナッツフレーバーが勝っています。

2.パッションフルーツ

パッションフルーツ、食べたことありますか?私はありません。なんとなく甘酸っぱいイメージ。
名前しか知らないフルーツですが、酸味の強い果物との事、あんまり馴染みがありません。
開封してみると酸味が中心の香り?柑橘系とも微妙に違うような、嫌な香りではありません。

吸ってみると優しめの甘酸っぱい香り、フルーツ系で間違いはないですが
ちょっと他のシャグにはない味かも、女性受けする香りのイメージでした。

3.ワインベリー

ワインベリーというイチゴの仲間がいますが食べた事ないのでその味かはわかりませんが…
ミックスベリーやベリーリキュールに近い香りのイメージがあります。
副流煙もそのままのやや酸味のあるフルーツ系。
アークローヤルの中では香りが残りやすいかもしれません。

4.パラダイスティー

シガレットにもあるパラダイスティーのシャグ。
シャグの香りは紅茶の香りに柑橘系のフルーツの香り。
吸ってみると紅茶よりフルーツの味がやや勝る印象、シガレットよりも濃い香りです。
フィルターなしで吸うほうが紅茶の香りが増して美味しいかもしれません。

4.最後に

アークローヤルシリーズはくどい程の着香はなく
どちらかと言うとフレーバーシガレットのようにあっさり吸えるシャグになります。
シガレットからの移行、はじめての着香シャグでちょっとかわったものや
香りの強すぎない物を選ぶならこのシリーズはいい選択肢になると思います。

喫味も全体的に軽い部類、ペーパーもスローバーニングという事のないシャグは
初心者の方にも美味しく味わって頂けると思いますよ。

ブリケ運営事務局
筆者 :
ブリケ運営事務局
#タグ
#シャグ